デザイナーズのお役立ちレポートin名古屋 数多くある名古屋のデザイナーズマンションについて最近のトレンドや今後の傾向、物件探しのポイントをご紹介!

名古屋のデザイナーズマンションで、いま話題になっている物件とは?

数多くある名古屋のデザイナーズ物件ですが、最近ではどんなものが好まれているでしょうか?

それはアンティーク&ヴィンテージをテーマとした物件です。

人気物件の傾向、そしてその他のトレンドも含めて名古屋の今後の見通しをお話ししましょう。

■アンティーク&ヴィンテージが急浮上。

名古屋のデザイナーズマンションといえば、アンティーク&ヴィンテージが最近のトレンドとなっているようです。

昭和の面影を残したどことなくノスタルジックな雰囲気が漂うマンションです。

マンション1棟ごとの改装を行った物件であれば、建築物そのものがノスタルジックですからとくに人気があります。

1住戸だけを投資用に買った個人のオーナーさんの場合は、マンションの外観と住戸とのアンバランスがあるので、全体のイメージとしてヴィンテージ感覚は薄れます。

■昭和のテイストが若い人にも人気。

ヴィンテージもののマンション住戸というのは、リノベーションが主流となった10年前から存在していました。

根こそぎ新しくしながら古い感覚をアクセントとして取り入れた名古屋の物件と、そうではなくて元々の古い物件の資材をそのまま活用した名古屋の物件の2通りがあります。

不思議なもので、入居者に人気があるのは後者のほうで、多少の不便さはあっても、昭和のころのテイストがそのまま残った住戸が人気です。

■名古屋にもハイテクをテーマにしたデザイナーズマンションから、テーマもの、ヴィンテージものなど、いくつかの主流ができつつあります。

人気やトレンドでいうなら、ハイテク、テーマ、ヴィンテージの3つが主流として残っています。

いずれもその路線をいかにくっきりと際立たせるかに建築デザイナーの腕の見せ所があります。

作る側からいえばヴィンテージがもっとも作りやすいので今後も数は増えるでしょう。